リハビリで動く喜びをいつまでも Rehabilitation

施設内にはリハビリ専門の理学療法士が常駐しており、
ご入居者さまの暮らしに寄り添い、身体機能の改善・サポートを致します。
毎日の生活に必要な基本動作の回復、現状の維持、外出や趣味等の社会活動に必要な能力まで、
ご入居さまに個人ごとにプログラムを作成し、様々なリハビリテーションをご提案できる様に工夫しています。



リハビリの重要性

高齢になると運動機能が落ちます。運動機能が低下すると自立した生活が難しくなります。そこで、当施設はご入居さまが寝たきりにならずに自立した生活を送れることを目的として、リハビリを提供しています。

リハビリは「リハビリをやってもらう」という意識を持つのではなく「リハビリを主体的に自分からする」という意識が重要です。リハビリをして、何かをしたい、どこかへ行きたいという目的を持つようにして主体的にリハビリができると、生活全般に体がただ動くようになるだけなく精神的な生きがいも生まれてきます。
リハビリをすると「したいことができる」、すると「できるからしたくなる」ことが増える、だから「生きがいが持てて、リハビリをする」という好循環が生まれます。

リハビリは自立した生活をするために必要なだけでなく、精神的な生きがいや高齢者に特有の病気を予防する効果もあります。




至仁会リハビリテーション部門の紹介  

至仁会には総勢140名を超えるリハビリの専門職がいます。
これら国家資格を持った機能訓練のスペシャリスト「理学療法士」や「作業療法士」が、ご入居者が1日でも長く、楽しく生活をしていただけるようサポートします。




リハビリテーション部門について詳しく見る